糖尿病患者は多くの肌の新陳ことに50の肩を防止するべきだ

五十肩は整骨科外来のよくある病気、主に肩関節嚢が炎症を起こし、合併痛みや関節の動きが制限した中年.

主な特徴:肩こわばり、痛み(特に夜)、かつ肩し積極的または受身の動きには制限が凍えて肩を、れというのは、肩関節活動範囲はきわめて制限,まるで凍てる.

この病気の経過自動的に徐々に改善し、約いちからさん年.臨床の上で五十肩の経過を分けることができよんしよ期、第いち期は関節嚢は炎症を起こして、痛みが調子が悪くて、関節運動未明らかに制限;第2期に続く痛み、関節運動の範囲を制限目立って、日常生活に支障;第さん期痛み改善されつつあるが、関節の動きが明らかに捕らわれて;第よんしよ期症状は次第に減退して、痛みが明らかではありませんて、関節運動制限度.

病気分別を原発性や続発性、原発性病因はまだわからない,続発性五十肩すなわち他の原因、例えば糖尿病など.以前あった研究によると、糖尿病患者が発生し25.7%肩こり者達が、普通の患者は5.0%に達し、五十肩定義の糖尿病患者は4 . 3%が、普通の患者は0 . 5%.

2012年ご月のJ Bone Joint Surg Am .雑誌は、アメリカ学者報道血糖コントロール糖尿病患者が発生率の影響で五十肩.結果を共有いち、150人の患者が五十肩と診断されたが、HbA1c濃度と五十肩盛行率無著しい関係.インスリン依存型の患者が五十肩のリスクを非胰岛素依存型の1 . 93倍.経口血糖を下げる薬服用者の病気にかかるリスク高於未薬者(インスリンや経口血糖を下げる薬)で約1 . 5倍.糖尿病病気にかかる期間もと五十肩に、調整はインスリン治療後,肌の新陳、使用のインスリンの期間にじゅう年者はそのリスクを小さく、ご年者の1 . 85倍.糖尿病の五十嵐患者は末期症状の盛行率が多く発生していない.

p> <いち月2012年J Shoulder Elbow Surg .電子先回り報の中で、イギリス学者Jenkins EF報道糖尿病50肩を受ける患者全身麻酔で徒ば財布もゆるむ動術の成果.二組病は治療後の関節運動範囲と機能の採点が著しい進歩を受け、2組は治療後の関節運動範囲と機能の採点を受けた.糖尿病組が再び受け入れる術の比率は36%、高於対照群の15.糖尿病組の再発具合は病因に影響を受け、インスリンの需要量も差があるという.

また2012年はち月のEklem Hastalik Cerrahisi .ジャーナルで、トルコ医師Düzgü ; n Iなどに関するレポートも糖尿病患者が五十肩時の素手で操作療法の効果.被験者は同種類にリハビリ、冷罨法、徒手操作を含む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です