人は環境の肌の新陳産物だ

p人は環境の産物で,客観的な実際の認識に一緻.無数の人生経験を証明する10分は通常の道理.環境変化に適応する自然人、自然環境や人文環境に対しても適性、その変化値は難しい、潜在的には無限の.

例えば:自然災害は人類の奇襲に関わらず、災害どんなに殘酷で、人間を克服する必然の結果、自然を改造して、十分に立証;私たちの南水北調プロジェクト、天険に変わったの大橋は、小さな村村交通生活環境の改善.

対人間天敵疾患の持つ能力は嬉しいし.よくある疾病の予防のはすでに人類の自分の手の中で掌握している.生命の質が向上させるのは事実だという事実だ.重大と特殊性疾病(癌)の治療には、見通しが期待され、憂患、しかし ,大攻め落とすの日.人々は病気に対する態度は積極的で、平然として上の.命を大切にする同時に、現実を逃げない、もっと恐れて.

pは、抗うの選択は、主動の選択です.身近にある王は、ガンの病歴に戦勝て15年、その秘訣は運動と運動をしている.生命は根気の表現、人々は各種の環境の能力に適応して,肌の新陳、驚異的で、奇跡はこれから生.

pは疾病に戦勝対策はもちろん、対症治療、良好な心理状態は間違いなく.両者の密接な結合、その治療効果はベスト.不安と心が痛心.病に戦勝は結末.病気に苦しめられ、苦痛な現状、私たちの心も痛みに.命の最後の時まで、きっとタフに生きてるという叫びが聞こえてきた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です