執肌の新陳着

マント沐雨、傲雪霜寒、私は学校を出て、終わった十数年の勉強する生活は .卒業証明書を取り戻し、個人ファイルや仕事の派遣を市人事局に交付し、帰宅後、長い期待と祈りを開始した.道理で、私は方向づけ生、属して育成して,どこからどこまでも割り当てられてどこへ行くべきです.しかし、予想外、私など来ているのは、梨の礫、延び延び.

家の暮らしが清貧で生活に追われて外出せざるを得なかった.私は社会の第1部の職業に入り、四平市の山門町の採石場に上山を打って石を打って石を打つ.柔弱の書生が、デリケートな肩、筆を手に取りかかった力仕事、累活、苦活、脏活同村人と、思わず、言冷语風.

炎天のほこり、粉末、雨に打たれて風のうなり、かつての騒音、粗末龌蹉の工房、汚い腐サビの井戸水;手摺り血泡まめ、足が出た硬繭、足顽石りされて痣だらけになる.普通に食べられる苦しみは食べて食べ、常人の仕事は私がしました.

幸い,肌の新陳、、私はついに歯を食いしばって堅持して、低いとされていない貧乏に悩み、困難とされていない険しい所にびっくりして破れて、ゴシップに騙されない.

私流のは自分の汗、垂らすのは自分の血を,春に私が自分の手で、自分の足で、執着の努力、勤勉に働き、待望の秋の季節が豊作の喜びと引き換えに、だらけの実!

Pは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です