風邪治療は直ちに気管炎になりま肌の新陳すか?

風邪から、体の抵抗力が低下し、細菌は揚げ足を取る.だから、風邪が数日後、熱はまだ退かないで、かつ膿痰咳出、細菌の感染症に注意するべきで、直ちに病院まで診察を防ぐため、一転気管支炎.

女は保健品を食べる必要があります

    ?· ;棚卸し冬健康のキラー
    手足が冷たい悪の根源には

      ?·普通石鹸は防甲流優先

      風邪の症状と多くの疾病が初めてとても似て、しかしまた別の中にある、決して油断することができなくて、油断して油断すること.

      Pは発熱し、激しい吐き気、嘔吐、繰り返し発作、脳の病変(髄膜炎など)の反応を疑わせるべきだ.熱がある場合は、脂っこい食物、吐き気、嘔吐などの症状もあり、感染症肝炎の反応を疑わなければならない.

      の風邪の時のウイルスも時々、を引き起こす心筋炎、症状はよく風邪を一週間後、慌てて、息苦しくて、息が続かないで、心前区きゅっとなる等の症状が現れ、特に心拍が早く、1分間ひゃく度を超える.動悸が不規則な時、直ちに病院に行って診察を受けるべきです.

      もし発症急で、寒気がして、また熱が出て、しかも熱が下がらない、常に39℃以上、全身だるくて痛くて、食欲がない、しかも週りの人も同じ表現は、不審をインフルエンザ.

      もし高熱

      退かないで、肌の新陳、まだ呼吸困難を伴う、咳、深刻な唇が紫に症状は、べき疑は肺炎.

      は子供なら、泣いて食事をしたくなくて、喉の部の赤い腫れ、甚だしきに至っては白い膿時は、べき疑は扁桃腺炎.もし小児熱から翌日、顔面と体が小さな赤い丘疹、密かつ均一分布、舌の体に赤く、唇の週り蒼白圏は、可能性がある猩紅熱.熱は第五日、体に赤い発疹、肝脾肿大、恍惚のには、可能性は発疹チフス.

      午後は熱がある、午前中に熱がある、しかもだるい、空咳、寝汗(冷や汗冷や汗)などの症状があり、また窶れる、やせ細っ、肺結核症にもなっている可能性がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です