私の先生

彼女、パーマをかけて首をマイクロ巻の長い髪、清楚な白い顔に眼鏡;彼女は、歩く、元気で、顔の総掛けて甘い笑顔、まるで子供絵筆の月のお姉さん、彼女を言い始めて、授業話が上手で飽きさせない、時々我々を聞く馬鹿なように酔う.彼女は誰?教えて、彼女は以前私達に国語の週間先生を教えて.

p>と<週先生、私達のクラスのみんなも大好き、彼女は非常に広い知識、毎回に国語の授業も多く課外の知識を教えて、時にはまた話してくれ美しいエピソード、これらの物語の中で、私達はわかりました多くの人間としての道理.

私は生活の中で、週先生は更に私達のお母さん、彼女は親切な言葉にいつも私達に1つの学友の行き届いている配慮を漏らしています.

二年生時、盲腸炎で入院していたのですが.術後の第二日、麻薬は効果を失い、刃を失ったという.

私は涙を流す時、1つの熟知する姿は病棟の入り口に現れて、彼女は週先生です.ある週間先生は1手に1袋のずっしりとしてずっしりしている果物を提げて、1束の生花は私に向って私に向って行ってきた.私は、何も考えていませんでしたが、私はどうして週間先生が病院に来て私を訪問することはできませんでした.

が去ったとき、週先生はまだ忘れない再三再四言いふくめるちゃんとゆう鄭、休みに注意して.週間先生が遠く離れた背中、私は涙を流して、涙は感動の涙、幸せな涙…….